◇リノベーションで夢を叶える◇
  
悠くんは濃紺のデニムにジャケット。相変わらずお洒落で、髪形も少し前とは変わっていて、そういえば髪切ったって言ってたなと思った。席に着くと悠くんが、「じゃあ、詳しく聞こうか」と言った。私が夫に自分の浮気話をしたときのことを詳しく聞きたかったみたい。 昨夜。。夜桜を見ながら。。昨日、悩みを打ち明けてくれた友人の事を。。考えていました。。彼女は。。桜が嫌いと言います。。私は桜が好きです。。 悠くんを好きだったけど、ダメなところも分かる。怒りっぽいところや、ずるいところ。精神的に弱いところ。独身だったら、結婚相手には選ばないタイプ。そんな彼に惹かれて、ダブル不倫していた私。 それは夫にではなく、義父に直接話す方が確実だから。結果、義父の予想外の対応に離婚できず。私の不倫はお咎めなし。離婚できないなら、今までのような夫婦関係ではなく、新たな夫婦関係を築きたい気持ちがあった。 真っ当な大人の姿を子供に見せるために意地悪なママ達に負けないように笑顔で挨拶したりしていじめはいけないことだよ、と、子供らに知らせているけど地元民の大人たちがこのザマでは私一人では難しいところがある。 旦那は私立中学だったので(私は公立)、やっぱり私立はいいの?と聞くと旦那は珍しく苦々しい顔をして「別に。俺だって地元の奴らと一緒に地元の中学行きたかったよ」と。それから更に珍しく旦那が昔のことをポツリポツリ話始めました。
高収入在宅ワークガイド
  



[メールボックス]

- 2018 無料携帯ホームページサービス「エボプラ」EVO+5 -